読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

月額325円で子供たちも大喜び!Amazonプライム・ビデオ会員に入ったら我が家が映像天国に。

一昨日AmazonからFire TV Stickが我が家に届きました。

Amazonプライム会員にはなるつもりがなかったのですが、プライム・ビデオで子供向け番組が結構配信されているので、満を持して入会しました。 

これで年会費3,900円(税込)なので月々325円!家族で観れることを考えるとかなりコスパ高し。今までレンタルDVDで子供向けのDVDを借りていたのを考えると、元はすぐに取れてしまいそうです。

買って間もないですが、何だかすごく得した気になってテンション上がっているので、Amazonプライム・ビデオの良いところを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

お母さんも安心、昔の子供向け番組が豊富。

僕がAmazonプライム会員になったのはこれに尽きます。
他にもAmazonで何か買った時の送料無料とか色々な特典が豊富ですが、子供番組が好きな時間に観れるのが大きいです。

子供向け番組はテレビでいつでも配信されているわけではありません。
ぐずったり、天気が悪くて外に出れない時なんかはいつでも観れるので、かなり重宝します。

今まで100円で売っているDVDなんかを買い漁って観ていただのですが、ネタが尽きはじめていたので助かりました。

番組は教育系から普通のアニメまで色々あって、パーマンとかハットリ君とか30~40代の親世代も昔観ていたアニメもすべて無料で観ることが出来ます。

アニメとゲームを否定するお母さんでも、自分たちの観ていたアニメならなぜか安心と感じるらしく、楽しく見ています。

 

大人も思わずハマる、昔のテレビ番組。

僕にとってテレビ番組が沢山あるのが魅力的です。

子供がいると、がっつり映画を観る時間も取れないし、家族が寝静まってから遅くまで起きて2時間近い映画を観ているのも最近しんどい。

その点、テレビドラマの1話完結物だと30分程度で1話が終わるので、飲んだ後にちょっと楽しむにはうってつけです。しかもちょっと観て面白くなかったら、他の観てみるとか贅沢三昧ができます。

お笑いとか旅番組なんかもあり、結構豊富なのでこれからが楽しみです。

ちなみに、僕はあぶない刑事を見始めたら止まらなくなりました。

 

大手レンタル店と大差ない価格で、返す手間と返し忘れがない。

新作も年会費の範囲内で観れるのかと思っていたらレンタルでした。
そんなにうまい話があるわけないですよね。

でも、300円台~500円台なのでレンタル店で借りるのとさほど変わりはありません。

引っ越しをしてからというもの、駅前まで行くのに20分以上バスに乗っていかないといないのと、車で行ったら行ったでどこの駐車場もお金がかかるので、レンタルビデオ屋に行くにもかなりハードルが上がってしまいました。

Amazonプライムビデオで新作を借りれば、DVDを借りて返す手間がありません。

僕の場合は、駅前に大手レンタル店があるので、会社の帰り借りることはできます。

しかし、会社の帰りに選んで借りて、また後日会社の帰りに返してというのが、ほんの数10分の話なのですが、面倒なんです。
棚から探すのも楽しみなのかも知れないのですが、最近目が回ってしまいます。

何でもかんでもネットで片付く時代か、、なんてジジ臭いこと思っていましたが、その便利さには敵いませんでした。

やっぱりテレビでみんなで観れるのは良い。

スマホやタブレットでも動画を楽しめるのですが、やっぱりテレビで観たい。
そう思い、Fire TV Stickを購入しました。

家族みんなで観れるのと、僕自身、子供番組をスマホやタブレットで見せるのに抵抗があります。

何故かというとスマホは自分で観てても目が疲れるし、いつでもどこでも自分の好きなものが好きな時間に観れると思われるのが嫌だからです。
別に自分が子供の頃はテレビが一台だったから、とかそういうことは思いませんが、親としてはテレビは決まった場所で、一日ほどほどに観るのが良いかと思っています。

何にして酒飲みながら手放しで寝っ転がって観れるし、映画を観るには画面が大きい方が良いので、Fire TV StickありきのAmazonプライム・ビデオかな、と個人的には思いました。 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

スポンサーリンク

 

取りあえず、今のところメリットしか感じていないAmazonプライム・ビデオ会員になってメリットしか感じていません。

ここ最近、家族がプライム・ビデオを活用しているかが気になり、毎日「今日はプライム・ビデオ観た?」としつこく妻に聞いて嫌がられています。