たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

酒の席ではなるべくやめたい下衆で無粋な話。

f:id:takam0:20171115111335p:plain

ここ数年、仕事関係以外の飲み会というものにほぼ参加しなくなりました。
このブログでもよく書いていますが、基本的には一人飲みです。
もともと友達もいないし、一人飲みが好きなので全然それで良いのですが、それでも年に数回飲み会はあります。

誰かと飲んでいるとそれなりに気を使うし、話を合わせたり、興味ない話も聞かないといけません。そんな中こういう話を酒の席でするのは無粋だろ、と感じることを書いてみます。いつも一人で飲んでいるので、自分が飲み会で気を付けていることでもあります。

酒はストレス発散なので、飲んでいる同士がお互いそれで良くて、他人に迷惑かけなきゃ良いのかな、とは思いますが酒の席になると案外一緒に飲んでいる人を不快にさせることもあるのかな、など思いながら書いてみました。

スポンサーリンク

 

自慢話

僕はこれが一番嫌です。うんざりします。
自慢したい気持ちは分かるのですが、酒の席だと同じ自慢を何度も繰り返されてうんざりすることが多いです。

これを幾ら(高額)で買ったとか、幾ら儲かったとかそういう話って会話として成り立たないのが一番辛いです。一方的でしかないというか。

リアクションも「ほう」とか「へえ」とか「すごいっすね」しか言いようがないし、それ以上広げてもあまり面白くないので困ってしまうのです。

たとえば、それが自分に関係するアプリやアフィリエイトサイトでこうやって儲けたんだという話であれば、多少自慢が入っていても自分のモチベ―ションアップや参考になるので聞いていて面白いです。

しかし、まったく業種も関係なく単純に儲かった、俺はこんだけすごい、みたいな話は本当に聞いていてつまらないです。あんまり自慢されると妬みも出てきて、せっかく飲んでるのにイライラして帰りたくなってしまいます。

自慢する人って本当に無自覚で自慢話をしているんでしょうけど、やっぱり自慢話ってつまらないし嫌だな、と思います。

お金の話

僕はビジネスのうえではお金の話は重要であると思いますし、お金の話をするのが無粋だなんてまったく思いません。しかし、飲んでいる時のお金の話はどうも好きになれません。

たとえビジネスの話であっても、酒の席で話をすると途端に汚いというか、無粋な話になるように感じます。幾ら儲けたなんていう話は酒の席ですべきではないと僕は思います。

単純に飲んでいる時に数字のことを考えたくないだけという気もしますが、お金とか細かい話はしたくないですよね。よく仕事上で幾ら儲かったとか、売上がいくらでとか、具体的な金額をあげておお声で話している人がいますが、あれはみっともないと思います。

最近妻にそれを言うならあなたも物が安いとか高いとか口に出して言うけど、それもみっともないよ、とたしなめられました。うーーーん。

説教話

以前働いていたシステム会社でもいましたが、仕事上のミスとか注意を酒場まで持ってきちゃう人いるんですよね。

飲んでると言いたいことに拍車がかかっちゃってしつこくなる傾向にあります。
言われている方は息抜きに酒飲みに来ているのに本当に迷惑このうえないです。

基本的に上司という立場の人は、酒の席では前向きな話以外、仕事の話はすべきでないと僕は思います。例えばそれが良かれと思って檄を飛ばすつもりであっても、酒の席でするのは関係ない人の雰囲気まで壊すのでやめてほしいですよね。

蘊蓄や政治の話

政治の話をするとムキになる人いるじゃないですか。あれが嫌です。
酔うとさらに拍車をかけて自己主張するので僕は嫌いです。

宗教とか政治ってそれぞれの考え方や意見の塊なので、酔っていると口論に発展しがちです。僕は極力人と口論したり争ったりしたくないので、争いの種になるような自分の主張話は避けたいといつも思ってます。

スポンサーリンク

 

下ネタ

僕は大好きなのですが、嫌いな人も多いです。
下手するとセクハラや人格を疑われるようなこともあるので、酒を飲んだからと言って、自分の頭で考えている下ネタや性癖を大披露しないようにしたいものです。

昔わりと大きな企業に勤めていた時は、飲み会になると若い女性社員にセクハラ発言をするのをワークスタイルにするような上司も結構いました。酒の席になると割としつこくなるし、話している顔付き自体もビジネスとか異なる顔つきになるので気を付けたいところですね。

 

ここまで、ああでもないこうでもないと自分の感じていることを書きましたが、つまり僕は基本的に飲む時は一人が良いと思っています。

あえて数人で飲むならバカ話、下ネタが通じる相手が一番良いです。笑って何も考えずに思ったこと口に出して、そういう飲み会が一番好きです。

愚痴や悪口も良いと思います。よく酒場で愚痴を言っているサラリーマンを小馬鹿にしたりするような風潮がありますが、他人に迷惑かけない声のボリュームであれば別にストレス発散なんだから良いじゃん、と僕は思います。

若い世代に会社の飲み会が嫌いな人が多いようですが、馬鹿話を出来る同僚や先輩がいれば会社の飲み会だって楽しいはずです。僕は最初に入ったシステム会社の飲み会は結構楽しくて、先輩にくっついていってました。

ただ、やっぱり今回挙げたように無粋な話題や、酒の飲み方を強要する人がいるから飲み会が嫌いになっちゃうんだと思います。

酒は飲んでも飲まれて人格崩壊しないように気をつけなきゃ、ですね。