たかもブログ

溝の口や町田周辺やのこと、お酒、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみすべて主観です。

アフィリエイトサイト作り始めて1ヶ月。思った以上に厳しい現実に、早くも心がくじけそうです。

f:id:takam0:20180416122755p:plain

 

今年に入って、アフィリエイトサイトをきちんと収益が出るまで運用しよう、と思い現在2サイト運用しています。

1記事2,000文字程度を目標にして、半年以上かけて100記事のサイトに育てることを目標にしています。平日はなかなか集中して更新できないので、下書きでネタをストックして、気が向いた時に文章の肉付けをしていくようなスタイルで書いています。

一記事を仕上げるのに集中出来る時と出来ない時があるので、いくつかのネタをちょこちょこと更新して、2,000文字程度までボリュームが出た時点で公開しています。

サイト運用を始めて1ヶ月が経ちました。
結論からいうと、ほぼ誰もみていない収益0円のサイトをもくもくと更新している状況です。

毎回この段階で辞めていたのですが、一ヶ月が経ったので、継続するために記事にしてみたいと思います。ああ、しんどい。

 

現在、PV数一日2~3PV。見られていないサイトを更新する辛さ。

今年の3月前半にドメインを取って、WordpressのSEOに強いと言われるテンプレート賢威を購入して、ブログサイトを立ち上げました。

現在、1サイトにつき20記事程度です。
1ヶ月で2サイト分40記事書いたことになります。

今までアフィエイトサイトを作った際は、文字数を気にせず、とにかく記事数を増やそうとして、内容がないサイトを作っていたので、今回は1記事ごとに2,000~3,000文字を目標に作り込んでいます。

しかし、PV数は全く持って伸びる様子が見られません。

たまにあるアクセスは自分が間違ってクリックした数に比例しており、このサイト更新する意味あるのかな、というのが正直な気持ちです。

Googleに評価されるには、まだ数ヶ月かかるそうなので、ここを抜けられるかが正念場です。しかし、無意味な作業をしているようで辛いです。

もちろん、収益は0円です!

よく「サイト公開から一ヶ月でアクセス100PV、うーーん少ないです。」なんて記事書いてる人いますけど、こっちはいっても1日3~4PVですよ!

どうなっとんのじゃ?!

賢威の効果は未だ確認取れず。しかし有料テンプレート購入のもとは取りたい一心で更新継続。

まだサイトがGoogleから評価されていないだけなのですが、賢威の威力は未だに発揮されていないように思います。

賢威がどうこうというよりは、サイトの質の問題だと思います。

賢威の威力が発揮される日が来ることを期待して、毎日少しづつ記事を更新していこうと思っています。

賢威で20,000円以上使っているので、絶対に元を取るまではサイトの更新を辞めません。なぜ今回、決して安くない有料のテンプレートを購入したかというと、覚悟を決めるためでした。

はてなPROもそうですが、お金を払うことで継続せざるを得ない環境を作り出し、モチベーションを継続する力になるのです。

格好良くいうと自己投資です!
自己投資の成果は必ず後から付いてくる(はず)と思っています。

<<SEO最強テンプレート「賢威」はモチベーションアップにもおススメ>>

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】

早くもネタ切れ感あり。記事を増やすにはアウトプットよりインプット。

今回は特化型ブログということで、特定のネタに絞った記事を書いています。
自分に書けそうな内容がビッグキーワードしかなかったので、競合が多いのは承知のうえ、

しかし、20記事を作成した現在、早くもネタ切れ感が出ています。

毎日何かいて良いかよく分からず、

本当に100記事も書けんのか?というのが、現在の感想です。
書けても内容が重複しそうな予感がかなりあります。

記事を書く上で、アウトプットの時間よりインプットの時間の方が大切、と言われます。まさにそうで、記事数をここから増やすにはインプットに力を入れていないかといけないと感じています。

記事を書くモチベーションはとにかく成功者のブログを読みまくる。

20記事どころか10記事くらいで、かなり面倒になってきた

そういう時に、自分を振るい立たせるのが、アフィリエイターの方のブログを片っ端から読むことです。月に○○万円稼ぐまで、みたいなのを読んでいると、最初の数ヶ月はみなさん収益0だったんだよなと共感し、数ヶ月後の自分の姿を重ねることで、なんとかモチベーションを保っています。

技術的な参考にもなりますし、アプリ開発でもそうですが、同士のブログは最高のモチベーション材料になります。

ただ、あまり読み過ぎると、金持ちになるイメージばかりが先行し過ぎて、現実とのギャップにくじけそうになるので、注意が必要です。

 

不労所得は準備してきた時間に比例する。

アフィリエイト=不労所得というニュアンスで考えている方もいるようですが、とんでもないです。アプリでもそうですが、不労所得を得るために費やした時間を考えると、楽に稼げるというレベルではありません。

時給換算すると、たいていの人はかなりの低賃金で働いていることになるのではないでしょうか。もちろん成功した人は段違いで時給がすごいことになるのでしょうが、僕にはまだそんな未来は見えてきません。

また、2ヶ月以上経過してアクセスなどに進展があれば、随時自分の覚書として更新していきたいと思います。

 

世の中、楽して儲かるという話はなさそうですね。