読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

小さなWeb制作会社で求人かけるのにどこの転職サイトが使いやすくて効果ある?

僕は社員の時代から採用サイトを触らせてもらい、求人のPR文などを書いていたので、求人サイトにはなじみがあります。
最近では求人サービスを生業としてスタートしている企業も多々あり、求人サイトのサービスも色々工夫されています。

小さいWeb制作会社だと採用担当自体が現場の人だったり社長だったりします。
そういう時、採用に手間が取れないのも現実です。
現に、僕自身も制作の合間にPRページを作ったり面接や採用可否の返信を出したりしていましたが、スケジュール調整なども結構大変でした。

求人には手間をかけなくてはいけないのですが、なかなかかけられない中、自分で利用してみて費用と運用など総合的な面で色々なタイプの求人サイトを分析してみました。

分析というよりはほぼ使った感想ですので、小さいWeb制作会社で採用を担当されている方の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

 

大手求人サイトの使い勝手や効果

大手サイトは営業担当などのサポートが付くが、スカウトメールなど採用担当者がやることもたくさん。

リクルートやマイナビが運用しているような大手サイトは求人費用も高い分、営業担当が着いてくれてアドバイスなどをしてくれます。
サポートは手厚いと思います。

しかし、小さなWeb制作会社の求人だと大手などに埋もれてしまうのか、思ったように応募が集まらなかった印象があります。結局、スカウトメールなど採用担当者からのアプローチが大切ということで、会社側もやることが結構あります。

小さな制作会社ですと、採用を制作現場の人間や社長自身が担当していることもあり、応募者へのアプローチなどが日常業務をしつつ行うのが困難だったりします。

それなりに費用を出すと、営業マンなどがこちらがやらなくてもサービス対応してくれると思ってしまいがちですが、基本的には自社で考え実行しないといけないので、大変だった覚えがあります。

応募者は年齢層が高め。

応募者の年齢層が30代後半から40代と高かった印象があります。
大手の求人サイトは大手も使っているので、Webエンジニアと言いつつ大手企業のSEをやっていた40代以降の方なども結構使われています。

応募される方の平均年齢が高かった印象があります。
大手求人サイトは転職で使われている方はそれなりの年齢で前社ではポジションもあった方とかも多いのではないかと推測しています。

大手企業が利用するには良いのかも知れないですが、小さい制作会社なんかだとちょっと受け入れるのに条件が厳しい方が多いように感じました。 

成果報酬型の求人サイト

ジョブセンスやGreenなど成果報酬型の求人サイトは成功報酬に見合った方が来るかどうかです。30万~のところが多く、以前提示されたのは60万でした。
そうなると月3万円の掲載を20ヶ月やってた方が色々な方を会えるのかな、と思うところもあり、成果報酬型の求人サイトがあまり使ったことがありません。

以前ジョブセンスを使っていたのですが、応募者があまりいなかったのと、業界未経験の応募が多かったです。
ジョブセンスは正社員の募集も掲載されていますが、基本的にはアルバイトのWeb媒体なのでしょうがないでしょう。運用は結構マメで放置したりすると電話で連絡が来たりします。 

スポンサーリンク

 

SNSアカウントで気軽に応募出来る系求人サイト

最近ではTwitterやfacebookアカウントを使って応募者も求人側も利用できる求人サイトが増えています。Wantedlyなんかはfacebookアカウントで気軽に登録できるので、応募者としての敷居はかなり下がったのではないでしょうか?

一応法人登録したのですが、登録の項目が決まっていて、もう少し自由にPRを考えられると求人側にとってみると使いやすいと僕は思います。

「なにをやっているのか」「なぜに」「どうやって」とか問い詰められているようで、もう少し自由度があると良いと思います。
(もちろんこれは応募者の視点で考えられていると思うのですが。)

これは個人的な感想なので、費用対効果の面からみると掲載料金もかなり安く、IT系の求人に強い部分があるので試してみても損はないかと思います。

現在私の会社では募集していないので、求人の際には使ってみたいと思っています。

 

やっぱりWeb系の求人はFindjob!が一番効果的。

Find Job!はmixiが運用している転職サイトです。
結構な老舗で、mixiの前衛となるイーマーキュリー時代からWeb制作などクリエイティブ系では知られた求人サイトです。Web系やクリエイティブ系に特化した求人サイトで新卒の学生から業界内を行ったり来たりしている求職者が多くいらっしゃいます。

僕もWeb制作会社の2回の転職はFind Job!にお世話になっています。 

掲載料金に対して応募の数がそれなりにある。

Find Job!の良いところは掲載料金に対して、それなりに業界経験のある方の応募数があることです。現在はベーシックプランで50,000円(税別)です。昔は3万円台とかでした。

応募数は時期にも依りますが、大手の求人サイトと比べてもFind Job!の方が多いです。Web制作系で応募しようとしている方はほとんどがFind Job!を使っているといっても良いというほど、業界ではスタンダートな求人サイトですので、それなりの効果が見込めます。

私の会社でも色々な求人サイトを使いましたが、結局Find Job!でしか採用にいたっていません。

一番の良いところは運用が楽な割に成果がある。

僕がFind Job!を使うのはWeb系に特化していて成果が出るのもさることながら、スカウトメールとか出しまくらなくても、それなりにきちんとPRを書いて見せ方を工夫すれば成果が出るので、運用が楽だということ。

大手求人のところでも挙げましたが、スカウトメールの運用って結構大変なんです。
こちらの希望するよな条件に当てはまる人を何百人も探して送りまくるんですが、制作業務の片手間にやるような作業じゃないんです。

Find Job!にもスカウトメール機能はありますが、これは使わなくても十分人が集まります。採用するかしないかは会社の判断だと思いますが、僕の経験上だと、Web制作系で求人をかけるならFind Job!がお勧めです。