たかもブログ

溝の口や町田周辺やのこと、お酒、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみすべて主観です。

溝の口「かとりや」の昭和レトロな立ち飲みコーナーで、16時から一本90円の串と冷酒でせんべろ。

南武線がすぐそばを通る、溝の口西口商店街。
休日ともなると、気の早い飲兵衛たちが15時くらいからわらわらと集まり始める、溝の口の飲兵衛横丁です。

飲みに行く、と決めて駅に着いたらすぐに飲み始めたいたちなので、僕はよくこの「溝の口西口商店街」を15時くらいからうろちょろすることがあります。

今回行ってきた「かとりや」の立ち飲み席は16時くらいから開店しています。

この日も、早めに散策していると、ちょうどかとりやの立ち飲みが始まったようで、まだ人もまばら。いつも混んでいて、なかなか立ち飲みできないので、これは滅多にないチャンス。

ということで、かとりやの立ち飲みでせんべろしてきました。

 

ここ、かとりやの立ち飲みは、夜になると、スーツ姿のサラリーマンやOLが増えてきますが、夕方の早い時間帯は現役引退されたような年配の男性が多く集まります。

今回は、自分の親世代の先輩方の間に、勇気を振り絞って入っていきました。
かとりやの立ち飲みには、何回か来ていますが、立ち席の間に入っていくのは毎回勇気がいります。

特に、話しかけられるのを極度に嫌う僕には、距離感の近い立ち飲み席はかなりハードルが高い。

f:id:takam0:20180807170046j:plain

何回か店の前を行ったり来たりして空き状況を確認した後に、頃合いを見計らって、人と人との間にすっと体を入れます。そして、すかさず冷酒を頼む。

もたもたしていると、客なのか何なのか分からなくなるので、最初の一杯は大きな声ではっきりと伝えます。

焼き場の手前に置いてある串は、そのまま取って食べても良いみたいです。
勝手の分かっている先輩方は、おもむろにレバーを取ってほうばっていました。

焼き場には同じ方が立ち続けています。
腰を曲げつつビールを飲みながら、遅くまで毎日のように串を焼き続けています。
なかなか出来ることではありません。

f:id:takam0:20180807164441j:plain

まずは冷酒260円。

お酒は基本的に同じグラスに一升瓶から注いでもらいます。
最初の一杯がきて、初めて自分の席(テリトリー)を確保出来たような気がします。

夏はやっぱり冷酒が美味い。

南武線の電車の音、トタンの屋根から零れ落ちてくる夏の夕方の明るい日差し。
溝の口西口商店街の夏です。

f:id:takam0:20180807164615j:plain

外席は串がほぼすべて90円です。(牛串など一部メニューは異なります)

この後もあるので、取りあえず3本。
厚揚げ、ねぎま、シロネギを頼みます。

自分の頼んだ串が焼けていくを見ながら飲みます。
やっぱり串焼きは焼いているところを見ながら食べるのが最高です。

目線はスマホではなく、焼き場なのです。
(スマホで写真を撮っておいて偉そうですが)

f:id:takam0:20180807164604j:plain

 

まずは厚揚げ。

生姜とネギがこぼれんばかりに盛られて出てきます。ネギが好きな方にはたまりません。僕は薬味大好きでソーメンなんかは、ほぼ薬味で食ってるんじゃないかと思うほど、生姜やミョウガ、ネギなどを入れるので、このネギの量は最高です。

そこに備え付けの一味唐辛子をぱらっとひと振り。

口に頬張るとアッツアツです。
厚揚げは揚げたても美味いですが、炭火で外をカリッ、中はジューシーで熱々になる串も最高です。一口サイズで食べられるのがまたうれしい。

これ一本で、冷酒一杯いけます。

f:id:takam0:20180807164954j:plain

 続いてネギマ。

ネギの焦げた感じが粗野な感じで、たまりません。
小奇麗な焼き鳥も良いですが、焦げや炭が多少付いている方がワイルドで、鶏食ってる感があって良いですね。

ボリュームはないですが、ちょっと飲み食いするには、この位のサイズがちょうど良い感じです。たくさん食べたい人には物足りないかもしれませんが、ここには食べるというよりは飲む人の方が圧倒的に多いので、十分なのです。

f:id:takam0:20180807165327j:plain

こちらはかとりやに来たら必ず食べて欲しい、ネギシロです。(シロネギ?)

シロ(モツ)の串に大量のネギと生姜を乗せて、その上から醤油をかけて焼いたもの。

またこれを焼いているのを見ているのが楽しいのです。
シロに十分に火が通ったタイミングで、火にかけたままでネギと生姜を大量に乗せます。その上から醤油を一振りすると、ジュッという音とともに煙が上がり、醤油の焦げた香ばしい香りが鼻をくすぐります。

ああ、なぜ動画を撮っておかなかったか、悔やまれます。

 

f:id:takam0:20180807165324j:plain

よく焼き場をみていたら、白い雪のようなものが見えます。
これ、全部塩(だと思います)

長年、焼き鳥にパラパラと振りかけて、こぼれた塩が雪のように、つもり重なっていったようです。年季の入ったつぼのたれや、焼き場をみているだけでも歴史を感じます。

<<溝の口の老舗居酒屋はこちらも参考に>>

takam0.hatenablog.com

f:id:takam0:20180807165914j:plain

さくっと15分くらい飲んで、お会計。

串を3種類と冷酒2杯で880円。せんべろいかないです!
ここでひとりで2,000円いくのは結構難しいと思います。
せんべろ必至の居酒屋です。

17時からは座り席も開きます。
ぼくはかとりやの煮込みが大好きで、よく食べますが、残念ながら立ち席ではないので、また今度。

溝の口で居酒屋が空いていない時間帯、飲み会の待ち合わせには最適です。
是非、まよったら溝の口西口商店街に足を運んでみましょう。

<<かとりやについてはこちらもご覧ください>>

takam0.hatenablog.com