たかもブログ

溝の口や町田周辺やのこと、お酒、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみすべて主観です。

40代の夏のファッション。ファッションに興味がなくなってもこれだけは気を付けよう。

f:id:takam0:20180719090316p:plain

先日とうとう妻に服を買い替えるよう、半強制的にショッピングモールに連れていかれました。

30代後半から徐々にファッションにこだわりがなくなり、古いよれよれの服を着て会社に行ったりしていて、見るに見かねた妻から強制的に服を取り換えるように迫られたのです。

最近では、服を選んだり、買いに行ったりするのも面倒くさくなっており、服に金を使うなら、居酒屋に行った方が良いと考えるようになっていたのです。

僕が厄介なのは、ファッションに興味がなくなりつつあるのに、他人が選んできた服は絶対に着たくない、ということ。
自分の服は自分で選ぶ!と頑なにこだわっているから、妻同伴でショッピングモールに連行されたわけです。

しかし、今回服を買い替えて、妻に注意されたこともあながち間違いではないと思い、今回40代の夏のファッションとして、服選びで気を付けることを書いてみました。

40代ともなると、若い頃とは異なり、臭いやらなにやら不潔感も出てきます。
若い頃はファッションセンスが重要視されますが、歳を取ってくるとポイントはそこではありません。

 

金をかけない。40代のファッションは清潔感で勝負!

40代ともなると、家庭を持っている人も多くなり、ファッションにお金をかけるのが難しくなってくる方も多いと思います。

僕もその中のひとりで、ファッションよりは酒や本にお金をかけてしまうので、なかなか新しい服を買えません。
服を選ぶのも面倒臭くなりつつあります。

40代のファッションのコンセプトは清潔感です! 

では、どういったポイントでファッションを考えれば良いでしょうか。

古いシャツを着回さない。安い服を買ってワンシーズンで買い換える。

特にファッションにこだわりがなければ、ユニクロやGUなどの安めの服を買って、ワンシーズンで買い換えるのが良いと思います。

今まで、買いに行くのが面倒で、ワンシーズン以上着ていたシャツもあったのですが、色も褪せますし、汗臭さが取れなくなってきます。
特に夏のシャツは汗のにおいが付きやすいので、ケチらず、面倒臭がらず、シーズンごとにシャツは買い換えると清潔感を保てます。

高いシャツを買ってしまうと、つい勿体ない、という気持ちが働いてしまいますが、安くて丈夫なシャツを選んで、シーズンごとに着回すのが良いでしょう。

オーバーサイズの服を選ばない。

今年は、オーバーサイズのだぼっとしたシャツが流行っています。
これ、着てて似合うのは若い人たちだけです。

40代にもなって、オーバーサイズのシャツを若者と同じように着ると、ただ単にだらしないだけ、になってしまいます。

今年、僕はオーバーサイズの服を買って、すかさず妻に指摘されてしまいました。
たしかに言われてみると、自分の背丈が小柄なこともあり、単純によれよれでだらしない服装をしているおじさんに見えてきました。

ビーチクがシャツの上から突起するくらいピッタリでなくても良いと思います。
ジャストサイズの違和感なくジャストサイズの服を選ぶのが無難です。

同じMサイズでも、ブランドによって大き目な作りだったりするので、試着は必ずしましょう。僕は今まで、自分はMサイズという固定観念で、試着しないで買ってましたが、最近になって試着をするという知恵をやっと身に着けることが出来ました。

 

柄物の服よりは単色の服を。
自分の好きな服を着た自分は、自分が思っているイメージとは違う。

僕はファッションにそこまで興味はないけれど、柄の付いたシャツはちょっと好きです。

ただ、その柄が自分に合っているかどうかは分かりません。
いやいや、服くらい好きなの着れば良いじゃん!と思う方もいると思います。

しかし、先日服を選んでいて気が付いてしまったんです。

頭の中のセンスは20代くらいから変わらず、その感覚で服を選んでしまうのですが、顔が老けたから、脳内のイメージと鏡の前の自分が異なるのです。

今まで、目をそらし続けていたのですが、妻に指摘されて、自分の中のこの服に合うというマインドコントロールが解けてしまったのです。

40代は、身体にガタが来つつあっても、頭の中の感覚はまだ若いです。

ファッションに関しては、ありのままの自分と、脳内の自分を一歩引いて客観的に見ることも大切です。 

何を選んで良いか分からない場合は、同じ服を幾つか買って清潔に着回す。

スティーブジョブズは、同じ色の服を何着も買って、着まわしているという話を聞いたことがあります。

僕は正直、何を着たら良いか分からなくなってきたので、先日同じ白いシャツを複数買いました。

同じ服を毎日着ていると思われるのではないか?

と心配させる方もいらっしゃるでしょう。
でも、大丈夫。

40代のおじさんの服装を、そんなに記憶するほど注目している人はいませんから。
同じ服装であっても、臭わない、色あせない、ことを優先しましょう。

 

肉体もファッションのひとつ。
どちらかというと、ファッションアイテムよりは身体を鍛えよう。

40代ともなると、お腹が出てきている人も多くなります。

いくらブランド物のシャツを着ていても、ファッションアイテムにこだわっていても、お腹でっぷりのシルエットでは、シャツも泣きます。

健康面も気になる歳ですので、だらしのない身体にならない程度の運動を心がけるのが良いでしょう。

身体がすっきりしていると、ファッションはシンプルでもスタイリッシュに見えます。
ファッションアイテムにお金をかける前に、自分の身体をそれに見合った形に近付けることの方が重要だと僕は思います。

肌を露出する夏であれば、ムダ毛などにも気を付けたいですよね。
電車の中で吊革につかまった脇の下から、わき毛がぼうぼう。

あまり見ていて気持ちの良いものではありませんし。

医療レーザーによるメンズ脱毛の効果を、実名、顔出し動画で、生の声としてご紹介

40代夏のファッションのまとめ。

おしゃれじゃなくても良い。
お金をかけなくても良い。

シンプル。
臭い、だらしないを防止。
鍛えた身体が最高のファッション。

これだけを心がければ良いと思います。