たかもブログ

溝の口や町田周辺やのこと、お酒、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみすべて主観です。

【コスパ最高の焼肉】味ん味ん稲城矢野口店で肉を食って酒を飲む!焼肉飲みを思う存分楽しんできた。

僕の誕生日が3月なので、ちょっと早いですが家族に焼肉をご馳走してもらいました。
焼肉といえば、すぐに思いつくのが僕の中では「味ん味ん」です。

味ん味んは相模原地域を中心に安くて美味しい焼肉を提供する焼肉店で、ここ数年で店舗の数がどんどん増えています。

www.y-minmin.com

今回行ったのは味ん味ん稲城矢野口店です。
駐車場が広く、自動車で行っても良いし、南武線の矢野口からも徒歩でそんなにかからないところにあります。(僕はいつも車で行きます。)

 

土日は16:30オープンなので、15分前くらいに着くように行ったのですが、すでに店の前は長蛇の列。整理券をもらうと17番。
開店5分前くらいになると、何かのイベントをやっているのではないかと思う位並んでいます。以前は整理券もなかったので、ひたすら早く行って待っているしかなかったのですが、整理券を発行してくれるようになったので少し助かります。

待つこと15分、ほどなく開店。
17番なので一巡目に入れるかドキドキしましたが、何とか入れました。
子供連れなので座敷を選んだのですが、 その座敷が人気らしく、座敷に座りたい方が早めに並ぶことをお勧めします。

まずはホッピー。

焼酎は結構少な目です。意地汚い僕はどこの店でもホッピーの焼酎の量を目視で測って少ないだの、多いだの、少しでも安く酔うことばかりを頭で計算してしまいます。

でもこの日はご馳走になるので、遠慮なし、焼酎が少なければその分杯数を飲んでやれ、という気持ちでぐびぐび行きます。

ちなみに注文は以前は口頭でしたが、タッチパネルに変更されており、かなり注文しやすくなりました。

f:id:takam0:20180224163955j:plain

すぐに出るものを、とキャベツの千切り。
これ、100円です。
大きい声出したくなる価格設定。

山盛りの千切りキャベツにごま油とニンニクの香りが効いた、甘しょっぱいタレが混ざっており、これだけで酒が進みます。

f:id:takam0:20180224164519j:plain

続いて網が汚れる前にタン塩
冷凍ですが、薄くて子供でも食べやすいです。

こちらはレモンでいただきます。
分厚いタンはお得感ありますが、酒のアテには薄いのをちびちび食べるのがちょうど良い。まだまだ他の肉も食べないといけないのでタンでお腹を一杯にするわけにはいきません。

f:id:takam0:20180224164726j:plain

ホルモン。

タレを頼みました。豚のホルモンのようですが、豚特有の臭みもまったくなく非常に食べやすいホルモンです。個人的にはシロコロホルモンくらい脂が乗っていると多少もたれるのですが、脂身の量もちょうど良い。

f:id:takam0:20180224165345j:plain

こちらは飲まない人達(僕以外全員)が頼んだライス。

欲張りなワンパクボーイが食べそうな盛り付けです。
糖質制限ダイエットなんてやわなこと言ってるのが恥ずかしくなるような飯です。

f:id:takam0:20180224165515j:plain

ミノはサクサクコリコリとした歯ごたえが気持ち良い。

結構硬くて飲み込みにくいミノが出てくることもありますが、味ん味んのミノはそんなことありません。妻はミノが美味しいと思ったの初めてとのことでした。

 

f:id:takam0:20180224165539j:plain

牛ハラミ

脂身もちょうどよく、カルビほどの主張がないので、酒の友にも最高です。

f:id:takam0:20180224165545j:plain

焼肉って焼いてタレを付けて食べるだけなのに、なんでこんなに人を惹きつけるのでしょうか。シンプルに焼いて食べる、という人間の食の根源がDNAに刷り込まれており、無意識に惹かれてしまうのかも知れません。

f:id:takam0:20180224171135j:plain

タレは味噌ダレと醤油ダレがあり、僕は醤油ダレしか使いません。
甘口のタレにすりおろしニンニクと赤唐辛子を入れて食べます。

肉の質もそうですが、その焼肉屋に行くか行かないかはタレにも依ります。
僕は正直、国産のA5ランクのとか言われてもよく分からないし、そういう肉って脂身が多すぎて美味いけどもたれたりするので、タレの美味い店に惹かれます。

f:id:takam0:20180224171437j:plain

牛カルビ

焼肉といったらやっぱりこれ。ご飯がすすむ君です。
でも僕はサワーとカルビを合わせます。

口の中の脂の甘味を生レモンサワーのさわやかな酸味で洗い流し、またカルビを頬張り流す、この作業の連続です。

カルビを見て初めて焼肉を食べに来た!という実感が沸きます。
これを見るためにホルモン屋ではなく、焼肉屋に来ているのです。

f:id:takam0:20180224165648j:plain

f:id:takam0:20180224170627j:plain

ファイヤー!!

焚き火って楽しい。

f:id:takam0:20180224170315j:plain

肉を一通り楽しんで、もう少し酒を楽しみたいので馬刺しのユッケ。 
ただの馬刺しも良いけど、ユッケの甘いタレで楽しむ馬肉もまた美味し。

f:id:takam0:20180224172300j:plain

チャンジャも頼みました。
酒も良いけどごはんが欲しくなる!

f:id:takam0:20180224172234j:plain

後半は梅しそサワーの大ジョッキ焼酎増し増しです。
味ん味んの梅サワーは甘じょっぱくてシソの香りがしてさっぱりとしていて肉に合います。ただ、酒飲みは焼酎を多めにして頼まないと飲みごたえがないかも。

調子に乗ってこれを最後に2杯。
今日は妻にも文句は言わせない。俺が主役なんだよ!心の中で叫びながらとことん調子に乗ります。

f:id:takam0:20180224174605j:plain

最後のシメは辛麺

辛さが3辛まで選べるのですが、迷わず3辛。
ニラとニンニクが効いたスープが酒の甘さを洗い流します。

ただちょっと驚いたのが、麺が冷麺の麺。
ぼくは普通のラーメンが食べたいと思っていたので、ちょっと拍子抜けしました。
ラーメンのつもりで頼むとラーメンとはちょっと違うので、ラーメンで締めたい方はちょっと注意です。でも美味いけど。

f:id:takam0:20180224175703j:plain

この他にもロースやレバーなどをガツガツ食べました。

レバーは妻に言わせるとちょっと匂いが強く、ちょっと無理と言っていました。
僕は全然大丈夫なのですが、たしかにちょっと臭みがあるかも知れません。

たくさん食べて飲んで、家族4人で会計は1万円ちょっと。
子供が小さいですが、それでも酒も飲んでこの値段は相当コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。16:30開店にあれだけ人が並ぶのも頷けます。

相模原、町田近辺にお住まいの方は是非行ってみて欲しい焼肉店です。
並んでも食べる価値はあり!です。