たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

向ヶ丘遊園の寿司居酒屋「多満」へ行ってきた。学生の街で静かにリーズナブルに飲める大人の居酒屋。

夏のような暑さの中、向ヶ丘遊園へ飲みに行ってきました。
向ヶ丘遊園は専修大学や明治大学の学生が住んでいる学生の街であります。

学生をターゲットにした休めのチェーン店居酒屋も結構ありますが、今回はせんべろハシゴ酒はやめて、ちょっと落ち着いて呑みたいと思います。

今回訪問したのは「多満」という寿司居酒屋。
生田や百合丘にも支店があるようです。(どこが本店なのかはよく分かりません。)

ずっと気になっていたのですが、店の中の様子がよく見えず、ちょっと見た感じ年配の常連客っぽい人たちばかりだったので、躊躇してなかなか入れずにいました。

スポンサーリンク

 

しかし、この日は勇気をもってえいやっと17時の開店と同時に入店しました。
カウンターの一番奥の席に着席。

端の席は常連の古株が座るので避けた方が良い場合もありますが、一緒に入った常連っぽい方が入口の一番端に座ったので、その反対の端を取りました。

f:id:takam0:20170610174712j:plain

まずはいつものホッピー白。
汗をかきながら生田緑地を徒歩で超えてきた後の一杯は格別です。
(向ヶ丘遊園は岡本太郎美術館のある生田緑地まで歩いて15分程度で行けます。)

ジョッキもキンキンに冷えているのがまた嬉しいです。
ここ最近は立って飲んでばかりだったので、カウンターに腰を据えて飲むのも良いものです。

お通しはメカブの酢の物。
暑い日、特に汗を流して歩いてきた後は、いきなり焼き物を食べるよりさっぱりした酢の物なんかが嬉しいです。

f:id:takam0:20170610170408j:plain

ひさびさに揚げ出し豆腐を頼みました。
というか、せんべろで訪れる安い立ち飲み屋では、こういった少し手の込んだメニューはないことが多いんです。

茄子とピーマンの素揚げ、紅葉おろし、細かく刻まれたネギ、一品一品が丁寧に作られていることを感じます。
揚げ出し豆腐は厚揚げとも違いあっさりとした味付けと絹豆腐の滑らかな食感、その周りのさくっとした衣、揚げと汁を一気に楽しむことが出来ます。

やっぱりカウンターに腰を据えて、じっくりと丁寧に作られたメニューをゆっくり味わうのも良いですね。 

f:id:takam0:20170610171305j:plain

寿司居酒屋なので、焼き物より刺身だろうということで、イワシの刺身を頼みます。

イワシの刺身は380円で脂がしっかりと乗っており、非常に美味。
このネタでこの値段はかなり安い。
僕はワサビが大好きで、刺身にはたっぷりのワサビを付けて、涙目になりながら食べたりするのですが、生姜醤油であっさりいただく刺身も良いですね。

イワシの濃厚な脂の感触を、辛みの効いた生姜があっさりと包み込んで、イワシの美味さを引き立てます。

この漢字は他の刺身も相当期待できそうです。
今度来たら別の刺身も食べてみたい。 

f:id:takam0:20170610171230j:plain

スポンサーリンク

 

ホッピーを飲み干し、次の酒を選んでいると、どんどん常連客とおぼしき人たちが入ってきます。

開店から20分程度でカウンター席を少し残しつつ、座敷も埋まっていきます。

みなさん焼酎のボトルをキープしているようで、おのおの一升瓶を置いて好きな飲み方で飲んでいます。ボトルキープして常連客になるのも居酒屋の楽しみ方だと思いますが、僕の場合は色々な居酒屋を訪問したいという好奇心が優先してしまい、まだまだ常連客の域には達することが出来ていません。

この店のカウンターは奥行きがあるので、料理や飲み物を置きやすく、ゆとりを持って飲めるのがうれしいです。立ち飲みだとなかなかこうもいきません。

f:id:takam0:20170610172534j:plain

常連客の方々が次々に注文をしているのに、聞き耳を立てるとメニューには載っていないようなことを言っています。

馬刺し?さんま焼き?

どこにそんなもの書いてあるの?おススメ?
キョロキョロとメニューの貼ってある壁を見回してもどこにもありません。

きっと常連さんしか知らない裏メニューなのかも知れません。
(僕が見落としていただけかも知れませんが。)

 

ホッピーの中身を追加して、3杯目は日本酒の冷を2合。
刺身といえば日本酒でしょう。

地酒なんかも取り扱っているようですが、ここは銘柄も聞かずメニューのお酒ってやつを頼みます。

やっぱり刺身には日本酒です。
しばらくホッピーとハイボールなどの蒸留酒を飲み続けていたのですが、やっぱり日本酒は美味いことを再確認。脂の乗ったイワシに合う!

スポンサーリンク

 

f:id:takam0:20170610173158j:plain

寿司居酒屋ですので、最後に寿司を。

一貫から注文出来、紙にそれぞれのネタの個数を書いて店員さんに渡します。
回転寿司に行くと、どうしても二貫ずつなので、一貫ずつ色んなネタを楽しめるのはうれしいです。

イカげそ、タコ、こはだ、イカ、玉子の五貫を注文します。
五貫くらいをつまみに残りのちびちびと日本酒を飲むのがちょうど良い塩梅です。

回転寿司に行くと、ついつい皿を重ねてしまうのですが、こういう寿司居酒屋ではつまみのように寿司をつまめるのが良いです。 

f:id:takam0:20170610173807j:plain

僕の中で鮨屋で飲む、というのがひとつの憧れであったので、ひとつステップを進めることが出来たように思います。

お会計は2,548円。
かなりリーズナブルです。

向ヶ丘遊園はラーメン屋が多く、学生街のせいかこってりした食べごたえのある横浜系ラーメンの店が多いです。シメのラーメンを食べようかと思ったのですが、この日は体力が続かず、一軒で終わりました。

せんべろでハシゴ酒も良いですが、一軒で腰を落ち着けて飲むのも良いですね。

学生が入って騒ぐような雰囲気ではないので、落ち着いて呑みたい大人の方にはお勧めです。

スポンサーリンク