たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

痩せすぎると顔が老ける。40代からはダイエットするなら見た目の適度体重をキープしたい。

f:id:takam0:20170404110506p:plain

僕は、3年くらい前からダイエットというか体重キープをするために、平日の休肝日を設けたり、夜の炭水化物を控えたりしているのですが、昨年末くらいから2~3kg平均体重が増えました。

筋トレをしてプロテインを飲んだりしているので筋肉量が増えたということもあるのだと思います。しかし、せっかくキープし続けた、自分が理想だと思っていた若かりし頃の体重から増えてしまったのにはちょっとショックでした。

しかし、家族の反応は明らかに逆で、今の方がちょうど良い、痩せすぎるとおじいさんみたいな顔だったと言われました。

恐らく、自分で目標としていた理想体重は、自分の見た目の理想体重ではなかったのだと思います。では、ダイエットって結局何を目標にすれば良いのでしょうか。

僕なりに3年間ダイエットと体重維持を意識して生活してきた中で、体重の目標や日々の生活などで感じたことをまとめてみます。

思い込みダイエットは辛いだけなので、ちょっと視点を変えてみると、ストレスなしで体重維持が出来るのではないかと思います。 

スポンサーリンク

 

若い頃の理想体重に戻すと、自分の加齢が顔に顕著に現れる。

ダイエットの目標のひとつとして、若い頃の体重があります。
あの頃の体重に戻りたい」「もう一度あの頃の体型を手に入れたい」という想いから、自分が一番輝いていたと思われる頃の体重を目標体重にしてしまいがちです。

しかし、僕自身は20代のもっとも痩せていた時の体重を去年までキープしていたのですが、若い頃とは肌や皴なども違うので、若い頃の体重になると途端に老けてみえます。

具体的にはほうれいせんが目立ってくる。
老人のような顔つきになります。

個人差があると思いますが、ある程度の年齢になって痩せると老化が進行したようにも見えてしまいます。せっかく苦労して痩せたのに、周囲の反応はあまり良くありませんでした。(悲しいことに、気持ち悪いと言われたこともありました。)

理想体重は数値のうえでの達成感はありますが、見た目が明らかに老けます。
特に僕のような40歳以上は、自然に老けてきます。

僕の場合は、家族と遊びに行った時の顔とか見ると、自分で見ても明らかに老けたな、と実感できるくらいです。

体重が若干増えると、その皴はなくなりました。
一番太っていた時は酒のむくみもあって常に顔がパンパンにむくんでいましたが、そんなこともなく、家族にも今が一番ちょうど良いと言われています。 

自分の思っている理想の体重と、実際にその体重になった時の見た目には大きな差があるのだな、と数年のダイエットで感じました。

ダイエットは外見を良くしたいという部分が大きいです。
ですので、自分の見た目が劣化するようなダイエットは本末転倒なのです。

 

減らすというよりは体重をキープするために日々小さな調整をする方が長続きする。

体重を記録することでダイエットしよう、というレコーディングダイエットというものがありますが、僕はこれが一番体重維持には適していると思います。

僕は実際に3年以上体重をアプリで管理し続けているのですが、自分が何を食べてどんな生活を送った後に体重が増えるか、減るかというのを把握しているつもりです。

例えば、休日は炭水化物も好きなだけもりもり食べてストレス発散すると、体重が1kgとか1.5kgくらい増えてしまいます。しかし、平日に休肝日を設けて、夜だけは炭水化物は控えるだけで、増えた分くらいは2日くらいで戻ります。

これが分かっていると、神経質になって好きでもないような食事せずに、ストレスのない体重維持生活を送れます。

僕は体重を絞る時は徹底的に白米やパンなどの炭水化物を控えましたが、今は普通に食べてます。好きな物を一生食べないなんて寂しい人生です。

スポンサーリンク

 

体重という数値より、腹が出てない、たるみが少ないという体型の方が重要。

3年間体重を毎日体重を測り続けてきて思ったのが、体重は大切だけど、数値としての体重を意識し過ぎるよりは、体型を意識すべきだということです。

お腹が出ていない、たるんでいない、二重あごになっていないことの方が重要だと思います。

以前体重をとにかく減らそうと、やっきになって有酸素運動や食事制限を中心にダイエットして10kg位減らしたのですが、腹周りのたるみはなくなりませんでした。

立っている時にお腹は出ないのですが、座ったりする時に、ぶよぶよと手でつかめるような感じです。これを消すには腹筋を鍛えるために筋トレが必要でした。

冒頭で述べた通り、平均体重の推移は増えたのですが、筋トレしてからたるみのようなものはなくなり、引き締まった気がします。
体重が増えてもズボンのサイズやベルトの穴も変わりません。

体重自体にそれほど重きを置かず、運動で体を引き締めることの方に注力を向けた方が良いのだと僕は思います。

 

以上が3年間、実際にダイエットをして感じたことです。

ダイエットは一過性のものではありません。
維持するのが一番肝心です。維持するためにも、日々のちょっとの調整、無理のない目標が大切なのだと思います。