たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

溝の口南口の居酒屋 串焼のんきで刺身の3点盛りとスタミナ盛りを堪能してきた。

11/5(土)の夕方。

昨日立川で飲んだにも関わらず、給料日後の儀式として溝の口へ飲みにやってきました。子育て奔走中の我が家のルールで月に一度休日飲みに行かせてもらうというのが、目下イクメン中の僕の楽しみなのです。

今月も武蔵新城のかとりやで焼きトンと思ったのですが、昨日立川でやきとんだったので、今日は魚系で攻めようと、溝ノ口の串焼のんきへやってきました。

串焼と店名に入ってますが、ここは魚も美味い。
顔を覚えてもらうほどの頻度では通ってませんが、5回は来ていると思います。

 

f:id:takam0:20161105174442j:plain

 

場所は溝の口南口から区役所方面へ歩いて徒歩2~3分。
区役所の道路を挟んで向かいにある赤い看板が目印です。

溝ノ口には、のんきという焼きトンのお店が二つあるので気を付けないといけません。
最初にこの店に入った時に、もうひとつののんきの系列店かと思って聞いたら全然違うとのことでした。

 

この日は、前日に散々立川で揚げ物だと焼き物は食べたので、焼き物や揚げ物はオーダーしないと決めてきました。

お通しはイカの松前漬け。

まずはホッピー白と冷やしトマト。
最近はホッピー1本で中身3杯をルールとしていたのですが、ジョッキがかなりデカいので、中身は2杯程度が限界でした。

 

f:id:takam0:20161105165823j:plain

スポンサーリンク

 

これが3点盛り。

見た目にも豪華ですし、結構食べごたえがあります。
薬味が充実しているのと、甘口のたまご焼きが添えてあるのもうれしいです。
(結局カイワレとミョウガはどの魚に使って良い物かよく分からず、適当に包んで食べましたが。)

串焼と言いつつ、刺身などの魚介系も充実しているのがこの店の良いところです。
ここで刺身であれば日本酒だろ、ということで大関の熱燗を2合オーダー。

シメサバは先日アニサキスの洗礼を浴びてのたうち回ったばかりなので、よーく噛んで食べました。

そろそろお燗の美味い季節だ、なんて思いながら外を見ると17時台なのに、もう外がこんなに暗い。夏の明るい夕方に飲む酒も良いですが、陽が短くなった季節の薄暗い夕方に飲む酒も美味い。

 

f:id:takam0:20161105170143j:plain

 

そして、最後にのんきに来たら食べなければならないスタミナ盛り。
オクラ、山芋、卵黄、納豆、赤いのは馬肉です。

僕はこれを食べたくてこの店に来ているのかも知れない。
味は見た目通りです。別に食べてみてビックリ!とかそういうのはありません。

トロロ納豆にグニグニと馬刺しの食感が当たる、本当にそのまんまの味です。
でも、これが良いんです。

栄養価も高くさっぱりとしていて、これで熱燗を2合飲みました。
この日は前日の酒のせいか寝不足なのか胃腸も体調も優れず、飲みに行くまでは子供の面倒を見つつずっと横になってました。

そして、出がけにレッドブルを一本。
もしかしたら、スタミナ盛りを食べるための体調だったのかも知れないくらい、もうこれだ!とこの日は決めてました。

目的達成、体力回復、そんな気持ちになりました。

スポンサーリンク

 

f:id:takam0:20161105170755j:plain

 

お会計は3,850円。
お酒もそこそこ飲んだので、リーズナブルではないでしょうか?

今年(2016年)で三周年とのことで、記念イベントを開催するそうです。
イベントの休日はすでに満席とのことです。

刺し盛り半額とか日本酒100円とかそんな感じの内容だったかと思います。
(飲んでてあまり覚えてません。)

 

溝の口というと北口、東口、西口方面に居酒屋が集中していますが、区役所側の南口にもこんなお店があります。
バスロータリーを離れて、区役所方面に行く人通りは多くはありませんので、静かに飲みたい時は南口で居酒屋を探すことをお勧めします。