読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

部屋が一気にゴージャスに!我が家に鹿のトロフィー(剥製)を買いました。

先日、鹿の剥製を買いました。
正確に言うと、頭だけの鹿の剥製をトロフィーというそうです。

賃貸に住んでいた時は、とにかく物を減らさないとやばいと思い、不必要な物を捨てまくっていたのですが、密かにスペースさえあれば秘宝館のような博物館のような空間を作ってみたいという欲望はありました。

先月住宅を購入したことで欲望の開放をしてみようと思い、その第一として鹿の剥製を買ったのです。ネットで検索して色々調べたり、イメージを沸かせていたのですが、実際に物が来てみると想定外のこともありました。

ということで、購入するまでの経緯と入手後の所感について書いてみます。

 

こんなに大きいとは思わなかった。

実物を見た時の最初の印象はこれです。
運送会社の方が携帯に「今から持ってって良いっすか?」と何度も電話してくるので、しつけえな、と思っていたら馬鹿デカかったのがその理由とのこと。
(不在で持って帰るのが嫌だったんでしょうね。)

確かに玄関に置かれたそれを見た時、やっちまったか!と一瞬たじろぎました。
それほどにでかい!

一応寸法は確認していたのですが、この迫力に圧倒されました。
これ飾るとこあんのかな、と。

 

f:id:takam0:20160921071353j:plain

 

スポンサーリンク

 

入手はヤフオクで。骨董関係の落札は吊り上げ入札との闘い。

購入はヤフオクです。4,000円くらいで買いました。
送料込みで6,600円。かなり安く購入できたと思います。

鹿の剥製と言っても面構えが色々あり、自分の理想の鹿を探すのに結構時間がかかりました。時間がかかることというと、ヤフオクの吊り上げ入札にもなかなか苦戦を強いられました。

鹿の剥製以外にも白檀の仏像が欲しくて入札していたのですが、ヤフオクの骨董関係の明らかな価格の吊り上げが横行しており、手頃な値段で入手するのがなかなかに難しいのです。

なぜ吊り上げだと判断したのかというと、落札価格を自動入札で釣り上げておいて、結局売れなくて、また再出品しているような物が非常に多いんです。
危うくエキサイトして高値で仏像を買うところでした。

今でもその仏像は一応落札されているにも関わらず延々と再出品されています。
こういう商品は骨董関係では結構あります。運良ければヤフオクで良い物を安く帰るかも知れないですが、骨董市に行った方が確実かもしれません。骨董に関しては。

鹿の剥製でも吊り上げ商品が多々あり、吊り上げ入札されないような出品を探すのに結構時間がかかりました。

そのうえで自分なりには安く良い物を購入できたという満足感はあります。

 

f:id:takam0:20160920212355j:plain

飾るのに一苦労。

購入してからしばらく床に放置しておいたのですが、先週末にコーナンで木材を買ってきてやっと設置しました。

設置するのも一苦労で、購入した住居とはいえ、素人が壁に穴開けて固定したら壁がずたぼろになるんじゃないかと思い、設置用の木材をつっかえ棒のように設置してそこにフックで剥製を吊るすような形にしました。

吊るすにもうまい具合にサイズの合うフックもなく、結局ロープで木材に打ち付けたフックにグルグル巻きにして固定しています。横からみると不格好なので、おいおい改善はしていかなければと思っています。

 

f:id:takam0:20160921071332j:plain

スポンサーリンク

 

狭い部屋だと圧迫感あり、結構ぶつかる。

実際に飾ってみると、僕の部屋が5.5畳くらいなのですが、かなり圧迫感があります。
部屋を出る時に鹿の鼻っ柱に頭をぶつけることも、ここ数日で何回かありました。

それに、自分で立てかけた柱も、きっちり嵌ってるんだかよく分からず、いつ倒れてくるかと不安でしょうがない状態です。
おいおいこの柱の固定も強化しなくてはいけないと思っています。

 

総合的には自分では良い買い物をしたと思います。
次はキジの剥製と思ってますが、ちょっと鹿の剥製が落ち着いてからで良いかな、と最近では冷静になってきました。

しばらくは鹿を見ながらウイスキーでも嗜もうかと思っています。