たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

本棚の本を少なくするためにやったこととやっていること。

最近子供が大きくなった時に子供の部屋を作れない、ということに気が付き、自分の持ち物を減らすようにしている。

現時点でマイホームを建てる予定もないので、今後も賃貸生活になると思うのだが、賃貸だと手頃な賃料で部屋数が多い物件は少なく、3DKとかの間取りで子供を育てていくことを考えると、必然的に自分の部屋は持てないことを実感してきた。

いずれは寝室などに自分と妻の荷物を求めて、今使っている部屋は明け渡さないといけないだろう。

僕の持ち物の大半は独り暮らしの時から、本が大半を占めている。

本棚に入りきらないほどの本の量で、平積みにしたりしていたのだが、そろそろ減らしていかないと、と思い一年くらい前から思い切って、大量に本を処分し、本を持たないことを習慣化してきた。

本自体は大好きなので、漫画も合わせれば、年間で数百冊は読んでいると思うが、ここ最近は本棚に本が増えることは、集めている漫画以外はなくなってきた。

参考になるかは分からないが、現在本を持たないための工夫をまとめてみたい。 

 

まず、3回以上読まない本は潔くBOOKOFF

僕はトイレに行くときは必ず漫画を持っていくのだが、その候補に挙がらない漫画、3回以上読まない漫画はBOOKOFFで処分した。

ビジネス書は読み返したい言葉のあるもの、小説は表現が好きな作家のもの、というルールで残しておき、それ以外読み返す予定のなさそうなものは処分。

今までの経験上、一年間手に取らない本は二度と読み返すことはないので、もしかしたら読み返すかも、ということで保存しておいた本は処分してしまっても、後々後悔はない、と判断したのだ。

BOOKOFFに持っていく理由はお金になることも去ることながら、値段の付かない本でも引き取ってくれるので、ゴミ収集に出すよりは幾分本に対してのすまない気持ちが薄れるから。

思い立ったら吉日、でゴミの収集日まで待てない、というのも大きな理由だ。

 

図書館にある本はなるべく借りる

最近では、どこの図書館でも出来るとは思うが、僕の住んでいる川崎市の図書館ではネット予約が出来るので、欲しい本はまず図書館で蔵書検索して、あれば予約して借りるようにしている。

どうしてもすぐに読みたい本は購入するが、本屋で見かけてちょっと読んでみたい程度の本については、購入しても読み返すことはまずないので、なるべく借りるようにしている。

人気のある本は数ヶ月はざらに待たされるのだが、そこまですぐに読みたい本でなければ複数予約をしておけば忘れたような頃に借りられるので、ちょっと読みたい本はそれで充分なのだ。

私もビジネス書を執筆をしている身なので、本は購入して欲しい気持ちはよく分かるのだが、毎回購入しているとすぐに本棚が一杯になってしまうので、利用できるものは利用させてもらっている。

 

購入する本はなるべくKindle版で購入する

図書館ですぐに借りれない、もしくは蔵書にないもの、これについてはなるべくKindle で購入するようにしている。

本をタブレット端末で読むということに、僕自身最初に抵抗感を持っていたのだが、Kindle Paperwhite は本より軽いし薄い、目に優しいのでかなり重宝している。
紙の本を読む感覚は好きだが、通勤中など移動中の読書には非常に向いていると思う。
 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite Wi-Fi、電子書籍リーダー

 

 

古本屋で購入するならKindle の方が安い場合も

一昨年Kindle Paperwhiteを購入してから、非常に重宝しており、特にセールの本は古本屋で購入するより場所も取らないし、何より立ち読みなどで手垢だらけの本を読むよりは、よっぽど気分的に良いと思っている。

セールの内容によっては古本屋よりKindleで購入する方が断然お得だと思う。

 

本屋で購入した新刊は読み返す内容でなければ即Amazonマーケットプレイス

図書館になく、Kindle版で発売されていない本は本屋で購入するわけだが、実際に読んでみて、今後読み返さないであろう内容であれば、即Amazonマーケットプレイスへ出品する。

新刊の場合は、値崩れしていないので、例えば1,400円程度の本が、1,000円で売れたりするので、差額を考慮しても楽しんだ分の料金は十分に元を取れる計算だと思っている。

発送などが多少面倒ではあるが、場所も無駄に取らず、お金の面でも経済的である。

 

雑誌の気になる記事はスクラップする

最近はあまり購入しないのだが、雑誌についても溜まってくると本棚を占拠してしまうので、取っておきたい気になる記事はスクラップにしている。

面倒くさいのだが、これが溜まってくると、見返した時に結構楽しいので、雑誌を購入する方にはお勧めしたい。
最近ではKindleで雑誌も購入できるが、どうしても雑誌がカラーで読みたいのでKindleでは購入していない。

どちらかというとコンビニや本屋でざっくり目を通して、済ませてしまうことの方が最近では増えてきた。

 

*****

正直なところ、自分の書斎には憧れる。

大きな本棚に今まで読んだ本を並べておいたりするのはすごく楽しい。
ただ、賃貸住宅に住んでいる以上、いつかは自分を優先することは出来なくなる。

今の目標は小さな本棚ひとつにいつも手に取る本を並べ、後はプラスチックのBOOKケースなどに入れて押入れにしまっておくくらいの分量に本を減らすことである。