たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

LINEスタンプがなかなか承認されないから何やってんのか想像してみる。

6/19に申請したLINEのクリエイタースタンプだが8/26本日をもってして何の動きもない。2回ほどリジェクトを受けて即日改修し申請をしたのだがそれっきり特に目立った動きもない。

現在はこんな感じで審査中のままだ。

6/19 新規審査の申請(28080)
7/7 審査中 7/11 リジェクト→修正
7/15 リジェクト→修正
7/16 審査中
7/28 審査中
7/30 審査中
8/8 審査中

 

アプリの審査などで審査待ちやリジェクトにはある程度慣れていると自負していたのだが、ここまで長く何もないと本当にあのストアに自分のスタンプが掲載されることがあるのか、イメージすらままならない状況になってくる。

スタンプが出来れば定期的にPRなど出来るのだが、待っている間は何にもやることがないので自分なりにLINEスタンプの審査について考察してみた。

 

まずリジェクト。

 

よくまとめてリジェクトして欲しい!と愚痴っている人がいるが、それは作り手の希望であって実際問題、一人一人に対してまとめてチェックなんてことは難しいし、やりたくないだろう。

逆の立場になって考えればわかるが、初っ端からバグって動かないようなシステムの動くところを見つけてテストするなんてことは誰だってやりたくないだろう。
自分だったらテスト続行不能、治したら続行するから教えてね、で終わりだ。

iPhoneアプリでもまったく同様で一個ダメな部分があればそれでリジェクト、修正したら再度別の部分も確認という流れはしょうがないと思う。

 

次に審査期間と審査中のアップデートは何なのだろうか。

定期的に審査日はアップデートされているのは少しずつチェックしているということなのだろう。

他の方がリジェクトを受けたりしている内容を見ると、どこそこの商品に似ている瓶を持っているとかかなり細かくチェックしているらしい。

著作権とかそういった法的な部分で問題ないかと推測する。
商標登録されていないか、などの専門家に判断をゆだねているのではないか、と思う。法的な専門家にお願いすると長い時間を要することが多い。

今回私が申請しているのはご当地キャラっぽいもので地名が入っていたりする、そこで何がしかの法的な確証を取っているのではないか。
だったら長いこと時間がかかってもしょうがないのだと思う。

ただ、散々待たされた挙句類似キャラクターでリジェクト!なんてことになったらクリエイターは浮かばれないだろう。

 

すべては待つことを肯定的に捉えるための僕の想像にすぎない。
ただただ今は待つことしかできない。