読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

自分の今話している内容が相手にとって興味ないか判断するポイント

昨日ひとり焼き肉居酒屋で一杯飲んでいるときに、隣でサラリーマン2人組が飲んでいたのだが、どうにもコミュニケーション取れてないような感じだった。

一人が自分の今まで付き合った女性がいかに好きで結婚してもよかったと思っていた、今でも好きなんだ、みたいな話をしており、もう片方は恐らくその話題のまったく興味がなかったのだろう。傍からみていて話半分に聞いているな、と露骨に分かる聞き方だった。

こういうことって自分もある。
してるされてるように思う。

一方的に一生懸命話をしていたのに全然聞いていなかった、聞いてるふりしてどこか上の空。

女性同士の会話を見ていると基本的に自分が話をしたいもんだから、全然相手の話を聞いていないのではないか?と思うような聞き方をしている人もいる。
正直よくこんな感じでコミュニケーション取れてるな、と思うことが多くある。

 

人の話聞いてねえだろ、といった仕草や応答について考えてみた。

返事が高速で何回も繰り返す。

「うんうんうん」「はいはいはい」聞いてるようでいて聞いていない。
その話まだ続くの?という合図である。

 

スマホやPCから目を離さない。

失礼極まりないのだが、こういう方はいらっしゃる。
話は耳で聞くものなので、耳だけは傾けているかと思いきや、「で?なんだっけ?」なんて今まで話をしていた内容をまるっきり聞いてなかったりする。

 

話題をいきなりすり替える。

「うんうん、それでね」「ところでさ、」といきなり話題を変える場合もおそらくそれまでの話は聞いていなかったと思われる。
早く自分の話題に切り換えることを待っていたのだろう。

 

無反応。

返事すらしない。
興味ゼロの確固たる意志表示。

やられると辛い。

 

会社の飲み会が嫌な理由のひとつで上司の興味ない話題を酔った勢いで延々聞かされる、というのもひとつだと思う。
昨日の居酒屋での会話はまさにそれのように感じた。

個人的に相手が興味ない話を一方的にするのもなんか嫌だな、と思うので反応を見て興味なさそうであれば話題を変えるように努力はしている。

そういった努力をするくらいなら独りで飲んでた方が気が楽である。
だから独り飲みが好きなんだな。。