たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

すき家の焼きそば牛丼のこと

すき家の焼きそば牛丼が気になっていたので食した。

持ち帰りで買ったのだが、かなり人気のようで、前に並んでいたおばあさんも大量に購入していた。孫にたべさせるのだろうか。

店内では意外と食べている人は少なかったように思う。

やっぱり貴重な一食を勝負に賭けるのはリスクが高いと感じる方も少なくないのであろう。

色々なブログなどでも紹介されていたから先入観はあったのだが、まさに予想していた通り。

何故に焼きそばを投入したのかよくわからない感じ。

焼きそば自体も付属のソースをかけないと特に存在を主張するようなところもなく、麺入りの牛丼のように感じた。

牛丼と焼きそばが合うとか合わないとかそういうレベルの土俵にも上がってこない特殊な存在感。

多分まるちゃんの焼きそばとかペヤングとかだと、焼きそばも存在を主張し始めてバラバラになってしまうのだろう。

たぶん、この焼きそばの存在感がちょうど良い塩梅なのかもしれない。

でも、根本的に何故焼きそばを置いたのかがよくわからない感じの味には仕上がっている。

例えていうなら、ぺヤングに納豆を入れて食べても意外とイケる!とかそういったレベルの話である。

敢えて入れないけど、入れてみても食べれるよ!といった感じ。

期間限定っぽいので一応話題に乗って食べたがリピートはしないかと思う。

不味くはない、否美味しいとか不味いとかそういった思考すら奪ってしまわれたように感じた。