たかもブログ

溝の口周辺のこと、スマホゲーム開発、Web制作のことなど好きなことを何でも書いています。事実のみです。

本厚木 かな川水産

基本的には友達も少なく独りでしか飲まないが、珍しく同級生と共に飲みに行った。

16時くらいから本厚木の街を徘徊し、へとへとになりながらたどり着いた店が「かな川水産」。

生ビール1杯、酒2合(田酒、十四代)、ハイボール1杯。(自分ひとりの量、友人は生ビール一杯)

鯵フライ、卵焼き、鯵のなめろう、なまずのフライ、肉豆腐、イカの軟骨。

ふたりで7,500円くらい

十四代本丸と田酒(各600円)。

これらの酒をこの額で飲める店を発見したのは大収穫。

田酒も久々に飲んだが、十四代と飲み比べてみると田酒の方が甘みと香りがあって個人的には好きだ。並々と注いでくれるのがうれしい。

焼酎もかなり充実しており、500円くらいで種類も結構豊富であった。

久々にちゃんと鯵の味がする美味い鯵フライを食べた。

鯵フライ自体2枚も3枚も食べるものではないがこれなら問題なく食べられる。

鯵のなめろうはもう少し味が濃くても良かったのと、少し叩きすぎのような気がした。

本来なめろうとはかなりねっとりするまで叩くものなのかも知れないが、個人的にはある程度身の感触が残っているほうが好きだ。

あまり叩きすぎると魚自体の味も薄くなってきてしまうような気がする。

****

総合的に何を食べてもうまい店であった。

魚にこだわっているらしく、魚の珍味系も充実していた。

本厚木はほとんど行かないので、再訪問には時間がかかるかもしれない。

本厚木という街は昔はショッピングを結構楽しめる街だったが、現在は飲食店がかなり多くなってしまい、買い物をしに行くという感じでもなくなったような気がする。

その代わり、居酒屋などの飲食店はかなり充実してきたように思う。

あんなに狭い街の中に無料風俗案内所を2軒も発見したのだが、案内に頼るほど店がひしめき合っているようにも見えない。

でも案内してもらわないとたどりつけないような所に秘境があるのかも知れない。

 

この帰りに中央林間の「のすけ 」というラーメン屋で締めのラーメンを食べるも、質が落ちていてがっかり。オープン当初は店員さんも一生懸命という感じで雰囲気もよくうまかった。

現在は店員同士が私語をしながら作っていて、固めの麺もただ固いだけで固まってごわごわになっていた。昔よく通ってて久々だったのに残念。 。